改善が求められる現場

介護施設は、どの施設でもスタッフの退職に頭を抱えているようだ。どの施設でも、スタッフの最低人数は確保しようと必至に引き止めている。現場は、次のスタッフがどんな人なのか不安になるだろう。経験があるのとないのとでも、大きく変わってくるのだ。
新しいスタッフには教育と研修が必要だが、現場はそこまで余裕がないのが実情である。スタッフの入れ替わりはその会社がある限りずっと続くので、既存スタッフは気が抜けない。新しく入ってくるスタッフが経験者であれば、その職場でのやり方を教えたらやってくれるだろうと期待するのだ。未経験者だと一から教育するので、戦力として計算できるようになるには時間がかかる。現場としては、新しく入ってきたスタッフが慣れてきた時の方が不安になるのかもしれない。スタッフに余裕が出てきた所で、今までなかったミスを続発しやすくなるだけに注意もしづらくなるのだ。未経験者で自分よりも年上であれば、少々気を使ってしまいがちである。
介護施設ではスタッフだけでなく、入居者の入れ替わりも多い。スタッフが退職する理由に挙げられるのが、職場への不満や給料が少ないといった点だ。そのため、その点は職場としての改善結果が早急に求められるだろう。現場は教育に時間をとられるので、スタッフによっては出来不出来が大きいのである。そこで、既存スタッフの方が不満を持ってしまうような事態にもなり、逆に既存スタッフが現場に嫌気が指して退職すると言い出しかねない。介護施設は入居者だけでなく、スタッフの確保も課題に挙げられているので、待遇などを改善していくことが必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です