円満に退職するための対策

仕事は、はじめる時があれば辞める時も出てくる。仕事を辞める時の手際は、とても重要だ。責任を持って適切な辞め方をすることで、職場に遺恨を残すことはない。介護施設で働いているスタッフも、しっかりと準備を整えての退職が肝心である。退職の仕方を誤ると、他のスタッフや介護サービスを受けている人たちに迷惑をかけてしまう。
まず、退職を前にして心がけるべき問題への対策は、時間に余裕を持って上司に退職を伝えるという点だ。スタッフが辞めてしまうとなると、施設の運営者は新たな人材を確保しなければならない。介護業界は人材不足の状況にあり、新しいスタッフを探すのにも時間と手間がかかる。そのため、職場を離れる予定の時期から逆算して人員確保の準備ができる猶予を持ち、退職を願い出るのがふさわしい。また、仕事を辞める前には、その後の生活プランを立てる必要があるだろう。たとえ一時的であっても、収入が途絶えてしまうのは家計にとって大きな問題となる。できれば、次の職場を見つけてから今の職場を辞めるのが最良だ。
さらに、仕事の関係者への挨拶回りも欠かせない。介護の仕事をしていると、多くの人たちとの人間関係が生まれる。突然職場から姿を消すよりは、事前にその旨を関係者の人にも伝えたほうがいい。そうすれば、良好な人間関係のまま、職場から離れられる。たとえ介護施設の職場から離れたとしても、仕事を通じて培った人間関係は大切な財産だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です