介護施設の退職を考えている人へ

介護施設の退職を考えている人は、意外と多いのではないだろうか。職場の人間関係のもつれは、どの会社にもつきものだ。しかし、介護職はそれに加えて不規則なシフトや力仕事を強いられ、なおかつ認知症の介護などでストレスがかかっているのである。さらに、低賃金という現実もあるようだ。
再就職に苦労する時代ではあるが、慢性的な人手不足の介護業界は、転職に困らないといってもいい。以前の雇用条件より、少しでも良い環境・良い賃金を求めて就職活動をしている人は少なくないといえる。しかし、採用する側も誰でも良いというわけではない。離職理由はもちろんのこと、自分が施設にとってどうプラスになる人材なのかを明確に伝えられるかどうかで、不採用になることも忘れてはならないのだ。
短期間での離職を繰り返し、施設を点々としているような履歴があれば、それもまた再就職にはマイナスにつながる。すなわち、介護業界であっても忍耐や努力は必要で、長く勤めることが賃金アップやスキルアップになることを覚えておくべきだろう。離職する人が多いということは、長く勤めて施設にさまざまな形で貢献できていれば、管理職への道も遠くはないということだ。理想と現実のギャップで退職する人も多いが、理想があるならばリーダーの立場になり、理想に近づくよう部下をまとめる役を目指してみてはどうだろうか。
日々の努力を重ねることを、苦だと思わせない環境づくりを現管理職に求めたい。もし退職を考えているのならば、定年まで努力を惜しまずにできる施設探しをおすすめする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です